糖尿病 数値

糖尿病と診断される数値は、

1.ヘモグロビンA1c(HbA1c;ヘモグロビンエーワンシー)が6.5%以上

かつ

2.空腹時血糖値が126mg/dLもしくは、75gOGTT2時間値が200mg/dLもしくは、随時血糖値が200mg/dL以上のいずれか1つ

です。

ただし、2.のみでも、再検査などで繰り返し出現する場合は、糖尿病と診断されます。

詳しくは、主治医の先生にご確認ください。

*75gOGTTとは・・・10時間以上絶食した状態で75gのブドウ糖を飲み、30分、1時間、2時間後に、それぞれ血糖値を測る検査です。

HbA1cは、新基準になってから使用されるようになった数値で、最近1~2か月の血糖値の推移を反映した数値となっています。

これは、赤血球の寿命が関係しています。

赤血球の寿命は120日程度で、常に新しいものが作られているので、1~2か月で大部分が入れ替わります。

赤血球に含まれるヘモグロビンという色素は、血液中を流れている間にブドウ糖と結びつき、グリコヘモグロビンになります。そのグリコヘモグロビンの中でも、最も割合が高く、安定しているのがHbA1cです。

血糖値の高い状態が続くと、このHbA1cの割合が、6.5%以上になってしまいますが、食事療法、運動療法などで血糖値を下げることができれば、1~2か月で赤血球がすっかり入れ替わって、HbA1cの数値も基準値に戻る、ということです。

逆に血糖値が数か月高いままだと、検査の前日だけ頑張ってもHbA1cの数値を見ればわかる、ということです。

血糖値は、検査の前日~当日の頑張りで誤魔化しができるのに対して、HbA1cは誤魔化しが効かないので、新基準に採用されたということですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする