糖尿病 合併症

糖尿病の合併症として、糖尿病網膜症/腎症/神経障害や、心筋梗塞、脳梗塞、閉塞性動脈硬化症があります。

様々な疾患があるように見えますが、どの合併症も結局は動脈硬化が原因で、血管が詰まっているだけです。

目の網膜を栄養している血管が詰まれば、失明します。腎臓であれば腎不全になるため、透析が必要になることもあります。

神経を栄養している血管が詰まれば、神経障害を起こすということです。

心臓や脳の血管が詰まることをそれぞれ、心筋梗塞や脳梗塞といいます。

閉塞性動脈硬化症は、その名の通り、動脈硬化により血管が閉塞するということです。足の血管なので、歩きにくくなり痛みで歩けなくなったり、脚を切断することになる場合もあります。

合併症の原因は、2つ考えられています。

ひとつは高血糖によるもの。もうひとつは、高インスリンによるものです。

高血糖により血管の内皮細胞が傷みやすくなります。タンパク質が高濃度のブドウ糖により変性することが原因です。

また、インスリンは体の炎症を促進する働きがあるので、血管が炎症を起こし荒れやすくなります。

以上の2つの理由により、動脈硬化が進行し合併症を発症する、と考えられています。

つまり、合併症を予防しようと思うと、血糖値を下げるか、もしくは可能な限りインスリンの使用を少なく抑えるか、が重要になるということです。

現実的には、血糖値を低く抑え、インスリンの放出量も少なくできるよう、食事内容の糖質・炭水化物を少なくするのが、合併症予防に効果的です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする